運転免許証と視力

運転免許証は試験に合格すれば無条件で取得できるものではありません。
適性検査というものがあり、それを受けて合格しなければ免許を取得することができないのです。
その適性検査の1つとして存在するのが視力です。
場所にもよりますが車を運転する時はしっかり前だけでなく周りも見るのが大事です。
信号の存在を確認できなければ止まるかどうかの判断もできず事故を起こす可能性が高くなってしまい、他の車の動きを確認できなければ衝突事故を起こしてしまう危険性が高くなります。

目が見えない人間が車を運転するのは無謀の一言であり、高確率で事故を起こすことになります。
この点を考えれば運転の際に如何に視力が重要か理解することができるでしょう。
適性検査として視力を確認するには、一般の視力検査と同じ方法を用います。
しかしこれは運転免許証の種類によっては別の視力検査を受けることになる場合もあるのです。
どちらにしても合格ラインは決まっておりその合格ラインに達しなければ不合格となってしまい、これが免許更新での出来事であれば期間内に合格できなければ運転免許証が取り消されてしまいます。

運転免許証を取得するための視力条件はどのようになっているのでしょうか。
視力としては裸眼だけでなく人によっては眼鏡やコンタクトの方もいます。
その視力補正をしている人の場合にはどうなるのでしょうか。
一般の視力検査以外として合格しなければならないものとしてどのような視力が必要となり、どのような検査を受けることになるのでしょうか。



[管理人注目サイト]
運転免許取得の費用を抑えられる合宿免許の情報を紹介しています →→ 合宿免許